首都圏,都心部における薬剤師の不足状況

薬剤師の人材不足、人手不足は当分続きそうです。
ドラックストアーや調剤薬局は多店舗展開や全国展開を続けており、規模の拡大を目指しています。
東京都内で展開しているドラックストアーや調剤薬局も、有望なテナント物件があれば今後も積極的に進出する計画を立てており,薬剤師求人案件数は前年度の2倍になるという予測もあります。
ですから、今後も東京を含む首都圏,都心部では薬剤師の不足状況が継続的に続くと考えられており,転職を検討中の薬剤師にとっては有利な状況が今後数年間は期待できるでしょう。

さらに総合病院に勤務する薬剤師には医療チームの一員として医療の最前線で働く薬剤師として、「薬剤師レジデント制度」が積極的に導入されています。
その影響により薬剤師の教育や研修に真剣に取り組む総合病院が増えており、薬剤師がスキルアップしやすい状況が形成されつつあるでしょう。
総合病院に勤務する薬剤師の求人需要は旺盛ですし、求人枠は拡大傾向です。