薬剤師に求められる精神態度とは?

近年の医学の進歩や医療技術、製薬の分野や薬学での進歩は目覚しいものがあります。
医療の技術が進歩し続ける中、今後は薬剤師に要求される業務や薬剤師求人案件の内容も変化する可能性があるでしょう。
従前より薬剤師は、調剤薬局や大学病院、総合病院において服薬の指導に当たってきました。
神奈川においても、今後は更に医療の最前線で薬品の専門知識を生かしつつ、医療のスペシャリストとして働く場所が増えていくでしょう。

医療の現場で働く薬剤師には、製薬についての最新の情報や知識はもちろんの事、人と向き合いながら命を守るプロフェッショナルとしての倫理観を常に高いレベルに置く事も求められます。
事務的にではなく思いやりの精神で人と向き合う事も求められるでしょう。
人命を尊重する高いレベルの倫理観は、医療の現場に不可欠な精神態度です。
その精神態度を持つ薬剤師は、自分の仕事に自信と誇りを持ち、誰からも常に高い評価を受け続けるでしょう。